第二回 林英哲杯 太鼓楽曲創作コンクール 募集要項

応募締切いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
一次審査は結果は5月中旬頃に発表となる予定です。



◎主催    一般財団法人浅野太鼓文化研究所
◎後援    石川県 白山市 白山市教育委員会 白山市文化協会 北國新聞社
       読売新聞北陸支社 FM-N1 
◎協力    有限会社遙[ハル] IMAGINE 金沢舞台 オトムラ ホクスイ
◎協賛    ハイテクス工業株式会社 グランドホテル白山 ヨシダ印刷株式会社
       北陸貨物運輸株式会社 株式会社浅野太鼓楽器店 浅野太鼓祭司株式会社  
◎企画主旨 
  現代日本の太鼓音楽表現を切り拓いてきた第一人者である林英哲が、良質な太鼓音楽を世界へ発信するため、日本の太鼓界初の試みとして、
  作曲と上演形態を含めた表現全体をひとつの創作作品ととらえる、というかつてない視点で意欲的な創作作品の創造を広く呼びかけ、
  新たな時代を担う人材の発掘と育成を目ざします。

◎作品募集期間 2017年1月16日(月)~4月14日(金)必着
◎応募資格   2017年7月17日(祝・月)の本選に、創作作品の上演ができる個人または団体で、国籍、性別、
        プロフェッショナル・アマチュアの別を問いません。
◎審査日程   一次審査       2017年4月21日〜4月25日(映像審査)
        一次審査結果発表   5月中旬以降
        本選審査(実演審査) 2017年7月17日(祝・月)

募集部門

【独奏作品部門】……独奏のための創作太鼓作品
  大太鼓、締太鼓、複数太鼓セットなど、日本の太鼓を用いた独奏用創作曲で、実際に上演の演奏を含めて『作品』として審査します。
  譜面化でき、再現性のあること(即興部分を含んでもよいが、著しく一回性の演奏に偏ったものは不可)。
   <青少年の部>  作曲者が18歳以下(1998年1月31日以降に生まれた人)
   <一般の部>   作曲者が19歳以上(1998年2月1日以前に生まれた人)
【団体作品部門】……合奏のための創作太鼓作品
  大太鼓、締太鼓、複数太鼓セットなど、日本の太鼓を用いた団体用創作曲で、実際の演奏表現も含めて『作品』として審査します。
  譜面化でき、再現性のあること(即興部分を含んでもよいが、著しく一回性の演奏に偏ったものは不可)。
   <作曲者・演奏者ともに15歳以上(2002年2月1日以前に生まれた人)で、10人までの鼓手による合奏>


審査員 林英哲

(演奏家、作曲・演出家、英哲風雲の会主宰者・芸術監督、東京藝術大学客員教授、筑波大学大学院非常勤講師)


各賞・副賞(本選入賞者)

【独奏作品部門 青少年の部】
  林英哲杯 最優秀作品賞1――賞状、トロフィー、長胴太鼓1尺4寸
       優秀作品賞1―――賞状、トロフィー、英哲型桶胴太鼓1尺8寸
【独奏作品部門 一般の部】
  林英哲杯 最優秀作品賞1――賞状、トロフィー、長胴太鼓1尺4寸
       優秀作品賞1―――賞状、トロフィー、英哲型桶胴太鼓1尺8寸
【団体作品部門】
  林英哲杯 最優秀作品賞1――賞状、トロフィー、長胴太鼓1尺4寸
       優秀作品賞1―――賞状、トロフィー、英哲型桶胴太鼓1尺8寸
【独奏作品部門 団体作品部門】
  林英哲杯 最優秀鼓手賞1――――賞状、盾、三丁掛附締太鼓
  林英哲杯 打法、演出賞1――――賞状、盾、三丁掛附締太鼓


応募規定

  • 演奏時間は、独奏作品部門5分以内(4分以上)、団体作品部門7分以内(6分以上)とします。
  • 作品は2012年以降に創作されたオリジナル作品で、すでに発表されたものでも応募可能です。
  • 演奏は、日本の太鼓をメインに、バチを用いた演奏に限ります。素手で打つ奏法を取り入れることは可能ですが、副次的な表現に限定します。
  • 作品は、作曲のほか、打法、演奏技量、所作、フォーメーション、声、演出など、演奏上のすべてのパフォーマンスを含んだ上演形態を「ひとつの創作作品」とみなし、審査の対象とします。
  • 演奏者と、作曲、演出、振付、指導者などは同一人でも別々でもかまいません。上演された演奏形態全体を「ひとつの創作作品」として審査、評価対象とします。
  • 衣装や、太鼓打法に直接関わらない舞踊的振付、小道具類、照明などは、審査対象に含みません。
  • 使用楽器はバチを用いる日本太鼓を基本としますが、以下の鳴り物に限り副次的に使用してもかまいません。
    〘小鼓、大鼓、当り鉦、チャッパ、銅鑼、鐘、鈴、双盤、鐃鈸、りん、鉄筒、拍子木、木鉦、竹筒、三板、樽、ほら貝〙
     ただし、外国打楽器、笛・尺八などのメロディー楽器は不可です。不明な点は事務局にお問い合わせください。
  • CDやテープ、シンセサイザー音源などの使用、電気的操作を加えた表現は不可です。


一次審査応募方法

  • 音声付き映像のみで審査を行います。
  • 事務局からお送りする応募受付票に必要事項をご記入のうえ、以下を同封し、4月14日(金)までに事務局にご送付ください。
       同封1.応募作品の音声付き記録映像(USBメモリーまたはDVD)
       同封2.審査料のお払い込みを証明するもの(払込受領書のコピーなど)
  • 応募に使用する映像は、演奏動作全体が把握できる正面からの全体画像(フルショット)で、ワンカット収録して下さい。個別のアップや編集加工したものは対象外とします。
  • 応募に使用する映像は、撮影後6カ月以内のものに限ります。
  • 過去の公演や発表会などの記録映像での応募は不可とします。
  • 記録媒体は返却いたしません。必要な場合は事前に保存コピーしてください。

◎送付先     一般財団法人浅野太鼓文化研究所内
         林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール事務局宛

◎審査料     独奏作品部門 3,000円(1作品につき) 
         団体作品部門 5,000円(1作品につき)

◎審査料の支払い 
  • ゆうちょ銀行払込取扱票にてお振り込みくださるようお願いします。
  • 払込取扱票をお持ちでない場合は、窓口で払込手数料130円がかかります。
             加入者名 林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール
             口座記号番号 00790−8−101457
  • 郵便局以外の金融機関(銀行など)から送金される場合は、窓口で「ゆうちょ銀行〇七九店 当座0101457」とご指定ください。手数料は金融機関によって異なりますので、窓口でご確認ください。
※ 審査料のお振込が確認できない場合は、作品をお送りいただいても審査できませんのでご了承ください。


審査発表

応募された全作品映像の中から15作品程度を選出し、5月中旬に浅野太鼓ホームページに掲載するとともに本人に直接通知します。同時に応募作品すべてに林英哲からの講評を送付します。
  • 本選出場決定者には、本選に向けての詳細事項を記載した本選出場ガイドと、本選出場確認書を送付します。



本選(最終審査)

日 程      2017年7月17日(祝・月)
会 場      白山市鶴来総合文化会館クレイン(石川県白山市七原町77)
審査料      独奏作品部門  6,000円
         団体作品部門  10,000円
審査員      林英哲
※本選会場までの旅費・宿泊費は出場者負担とさせていただきます。

<審査規定>
一次審査を通過した創作作品を実際に演奏していただきます。
※ 一時審査の講評に記されたアドバイスなどを反映した若干の演奏上の改善は認めます。
※ 本選までに事務局に譜面をご提出くだるようお願いします。

◎結果発表
出場者全員の演奏後、会場で結果発表と表彰式を行います。

◎備考
林英哲杯最優秀作品賞受賞曲は、独奏作品部門、団体作品部門ともに、翌年夏に開催される『白山国際太鼓エクスタジア2018』で招待演奏していただきます。


■ 林英哲杯 太鼓楽曲創作コンクール事務局   
          一般財団法人浅野太鼓文化研究所内
          〒924-0051 石川県白山市福留町586
          TEL.076-278-5170 FAX.076-278-8183
          E-mail concours@asano.jp


林英哲からの次世代を担う鼓手へのメッセージ

「林英哲杯 太鼓楽曲創作コンクール」について        林英哲
たった一人の審査による創作太鼓楽曲コンクール、という世にも稀なコンペティションが生まれることになりました。
日本の太鼓楽曲を「創作」する、というようなことは、地域伝統の側から見ればあり得ないことですが、私はこの道を歩き始めた45年前から、ずっと「創作」をして来ました。
日本各地の地域限定芸能だった太鼓芸を、時代や世界や音楽の視点から見直して、もっと大きく解き放つことができるのではないか、ということを考え、各地で、各芸能を学び実践し、具体的には舞台用の「楽曲をつくり」「演奏する」のがずっと私の仕事でした。
「楽曲」や「演奏」という言い方も、太鼓を打つ行為の表現としては違和感を持たれ続けた道のりで、現在でもそれはあまり変わっていません。
ただ、時代がめぐり、日本の太鼓も世界中に伝わり、表現も玉石混交の繚乱の時代、飽和の時代になり、ではこの先何をすべきか、という時節が到来し、この創作コンクール誕生につながりました。
お話を頂いた時、単なる打ち比べではない、作品としての表現をどう形にしているか、曲の発想や打法の工夫や、音の選び方や姿勢や肉体訓練や、それらが統合されたまだ見ぬ優れた作品、才能に出会いたい、という思いがわき、お引き受けすることにしました。
私一人が審査するわけですから、極めて独善的で偏った極私的なコンペティションですが、同調者が少なかったとしても、この場が、私が歩いたように次代を切り拓く者たちへの希望と飛躍の窓となるよう、心を尽くして審査したいと思っています。
意欲ある作品の応募を楽しみに待っています。



本選のご観覧をご希望の場合は、以下のチケットをお買い求めください。
■第二回林英哲杯 太鼓楽曲創作コンクール本選演奏会
日程      2017年7月17日(祝月)13:30開演(予定)
会場      白山市鶴来総合文化会館クレイン(石川県白山市七原町77)
入場料     前売/一般1,000円  高校生以下500円
        当日/一般1,500円  高校生以下500円
※5月1日から事務局または一般財団法人浅野太鼓文化研究所(TEL.076-277-1721/FAX.076-277-8777)で販売
株式会社浅野太鼓楽器店(新響館)
石川県白山市福留町587番地1 Tel.076-277-1717 Fax.076-277-2228店舗詳細
一般財団法人浅野太鼓文化研究所
石川県白山市福留町586番地 Tel.076-277-1721 Fax.076-277-8777
浅野太鼓祭司株式会社
石川県白山市福留町598番地1 Tel.076-277-1277
太鼓の里 響和館
東京都目黒区五本木2丁目15番地9 秀永ビル地下1階 Tel: 03-3714-2774施設詳細
ASANO TAIKO U.S.
20909 S.WESTERN AVE., TORRANCE, CA 90501 Tel.+1-310-974-4490店舗詳細
浅野太鼓 オンラインショップ
http://www.asano.jp/shop/