HOME > 商品情報 > 太鼓

壱鼓 / 羯鼓 / 三ノ鼓 / 振鼓

平安の昔から、宮廷で奏でられる楽器として伝承されてきた楽器。
[壱鼓](左上)
中国から伝来した鼓は小さなものから順に、一鼓、二鼓、三鼓、四鼓の4種類があり、そのうち一鼓と三鼓が「壱鼓」と「三ノ鼓」とよばれて雅楽に用いられるようになりました。
壱鼓は左方の二人舞に用いられ、紐で首に掛けて打ち鳴らしながら舞います。

[羯鼓](右上)
胴の形が鼓と異なり、中央部がふくらんでいます。管弦と左方の舞楽に用いられ、演奏は台の上に横置きにのせて、先端が棗形をした2本のバチで打ちます。
合奏の指揮者の役目を持ち、曲のリズムやテンポを統括する楽器であることから、楽長などの経験豊富な奏者が担当することになっています。

[三ノ鼓](左下)
右方の舞楽に用いられ、合奏ではテンポとリズムをリードする役目をもちます。床に横たえて左手で調緒をおさえ、右手に持ったバチで片面のみを打ちます。

[振鼓](右下)
舞楽で舞人が用いる楽器です。柄を振ると鼓の胴から伸びた糸の先の球が革に当たり、軽やかな音を発します。
  • サイズ / 価格
  • サイズ / 価格

    壱鼓
    革口径 全長 価格(税込)
    8寸(24㎝) 1尺2寸(36㎝) 442,800円~
    ※仕様 胴:本金箔極彩色 調緒:上麻

    羯鼓
    革口径 全長 価格(税込)
    8寸(24㎝) 1尺1寸(33㎝) 648,000円~
    ※価格は、台が含まれています。
    ※仕様胴:本金箔極彩色 革面:胡粉化粧仕上 調緒:上麻

    三ノ鼓
    革口径 全長 価格(税込)
    1尺1寸(33㎝) 1尺3寸(39㎝) 518,400円~
    ※仕様 胴:本金箔極彩色 調緒:上麻

    振鼓
    革口径 胴高 全長 価格(税込)
    2寸5分(7.5㎝) 3寸5分(10.5㎝) 2尺5寸(75㎝) 397,440円~
    ※仕様太鼓胴および革面:本金箔押 支柱:本金鍍金飾金具および黒漆塗
  • あなたに馴染むバチ選び

    一般的に、ソフトな音を出すには軟らかく太めのバチを、シャープな音を出すには硬くてやや細めのバチを使用します。
  • バチオーダーメイド

    もっとも硬いのはカシ材で、軟らかく手に馴染みやすいのはヒノキです。 各種1組よりオーダーメイドにてバチをお作りしております。
  • 組太鼓

    ご予算や人数などに合わせ、さまざまな組み合わせをすることができます。
株式会社浅野太鼓楽器店(新響館)
石川県白山市福留町587番地1 Tel.076-277-1717 Fax.076-277-2228店舗詳細
一般財団法人浅野太鼓文化研究所
石川県白山市福留町586番地 Tel.076-277-1721 Fax.076-277-8777
浅野太鼓祭司株式会社
石川県白山市福留町598番地1 Tel.076-277-1277
太鼓の里 響和館
東京都目黒区五本木2丁目15番地9 秀永ビル地下1階 Tel: 03-3714-2774施設詳細
ASANO TAIKO U.S.
20909 S.WESTERN AVE., TORRANCE, CA 90501 Tel.+1-310-974-4490店舗詳細
浅野太鼓 オンラインショップ
http://www.asano.jp/shop/