since1609
HOME > 商品情報 > 太鼓

古典調

音律の低い一本調子から、高い十三本調子まであり、一般的には三本調子から九本調子までがよく使われます。
もっとも音律の低い一本調子から、もっとも高い十三本調子まであり、一般的には三本調子から九本調子までがよく使われます。
指孔は6穴と7穴がありますが、ほとんどの場合7穴が用いられます。
いずれも音律が高くなるにつれて、笛の全長が短くなります。

横笛として一般的な篠笛、能楽や長唄に使用される能管、雅楽や神楽に使用される龍笛などがあります。
いずれも竹を素材とし、澄んだ音色が太鼓のリズムにメロディーを添えて美しいハーモニーを奏でます。
笛の種類によって、樺や籐で巻いたもの、漆塗りをほどこしたもの、蒔絵をほどこしたものなどがあります。
  • サイズ / 価格

    調子 竹渓籐巻両巻
    価格(税込)
    竹渓籐巻本重
    価格(税込)
    竹峰彫込両巻
    価格(税込)
    竹峰両巻黒塗・朱塗
    価格(税込)
    6・7穴二本調子 21,450円 32,230円 36,520円 40,370円
    6・7穴三本調子 16,720円 27,170円 30,030円 35,640円
    6・7穴四本調子 14,080円 23,100円 24,750円 29,810円
    6・7穴五本調子 12,320円 21,120円 22,550円 28,380円
    6・7穴六本調子 10,120円 19,140円 21,120円 26,950円
    6・7穴七本調子 9,460円 18,480円 19,690円 25,410円
    6・7穴八本調子 8,800円 17,820円 18,920円 24,750円
  • あなたに馴染むバチ選び

    一般的に、ソフトな音を出すには軟らかく太めのバチを、シャープな音を出すには硬くてやや細めのバチを使用します。
  • バチ オーダーメイド

    もっとも硬いのはカシ材で、軟らかく手に馴染みやすいのはヒノキです。 各種1組よりオーダーメイドにてバチをお作りしております。
  • 組太鼓

    ご予算や人数などに合わせ、さまざまな組み合わせをすることができます。
株式会社浅野太鼓楽器店(新響館)
石川県白山市福留町587番地1 Tel.076-277-1717 Fax.076-277-2228店舗詳細
浅野太鼓 オンラインショップ
http://www.asano.jp/shop/